特別県営住宅

特別県営住宅とは

普通県営住宅と公社・UR賃貸住宅の中間に位置する住宅として、国の補助を受けて建設された中堅所得者向けの住宅です。

本サイトに掲載しております住宅は、原則として無抽選で随時先着順受付をする住宅です。
なお、受付の初日は混雑が予想されますので、午前9時から午前9時10分までに受付場所に来所された方たちで申込順位を決める抽選を行い、その順位にしたがって申込みを受付させていただきますのでご了承ください。(午前9時以前に来所されても同様の扱いとさせていただきます。)
また、抽選及び新設募集については、別途本サイト上でご案内いたします。

お申込み資格

[1] 現に同居し、又は同居しようとする親族(内縁関係にある方、及び婚約者を含む)があること。
[2] 現に住宅に困窮していることが明らかなこと。
[3] 県営住宅管理規則に定める収入基準に適合していること。
[4] 定められた入居指定日から、1か月以内に申込み親族全員が入居できること。
[5] 連帯保証人を1名たてられること。

お申込み方法

県営住宅入居申込書に記入し、下記必要書類を添付のうえ募集住宅に該当する住宅管理事務所へ提出してください。

申込みに必要な書類

[1] 県営住宅入居申込書
[2] 収入を証明する書類(市区町村が発行する所得証明書、前年分の源泉徴収票など)
[3] 扶養又は無職を証明する書類
[4] 世帯全員の住民票の写し
[5] 婚約者の方は下記の書類
  • 婚約証明書(申込書裏面様式3)
  • 婚約入居の誓約書(申込書に添付)
[6] 次に該当する方は戸籍謄本
  • 両親が死亡し、兄弟姉妹で申込みする方。
  • 父子世帯・母子世帯で申込みする方。
  • 内縁関係等で申込みする方。
  • 別居中の親(子)世帯等と、同居する申込みの方。
[7] 賃貸アパートや借家等に居住されている方は下記の書類
  • 賃貸借契約書の写し、又は家賃の支払済証明書等。
  • 持家処分により申込みされる方は、不動産の媒介契約書、又は競売開始の証明書等。

ページトップへ