公社一般賃貸住宅

公社一般賃貸住宅とは

愛知県住宅供給公社が建設・所有し、管理する賃貸住宅です。
なお、特定優良賃貸住宅のような家賃補助の制度はありません。

本サイトに掲載しております住宅は、原則として無抽選で随時先着順受付をする住宅です。
なお、抽選及び新設募集については、別途本サイト上でご案内いたします。

お申込み資格

次の条件をすべて備えていることが必要です。

区分 お申込み資格
一般世帯
[1] 現に同居し、又は同居しようとする親族(内縁関係にある者及び婚約者を含む)があること※1
[2] 現に住宅に困窮している方
[3] 収入基準に適合していること
[4] 連帯保証人(原則として親族)を1名たてることができること
[5] 健全な共同生活を円満に営むことができること
[6]

外国人の方は次に掲げる要件を満たす方

(1) 在留資格を持って中長期間日本に在留する方
(2) 連帯保証人は日本国籍を有する方
[7] 申込する方、又は同居親族が暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第6号に規定する暴力団員でないこと
単身者*

一般世帯の申込資格の[2]〜[7]の他、次の各号に該当すること

(1) 20歳以上であること
(2) 日常生活に常時の介護を必要としないこと

次の各号のいずれかに該当すること

(1) 配偶者がいない方
(2) 戸籍上離婚していないが、申込時点で離婚手続中である場合は、その旨の証明書が提出できる方
(3) 単身赴任(公社の指定する条件に適合すること)を理由に申込む方※2
高齢者

一般世帯の申込資格の[2]〜[7]の他、次の各号に該当すること

(1) 入居者が高齢者(60歳以上)であること
(2) 入居者が単身*であるか、同居者が配偶者(内縁関係にある方、婚約者を含む。年齢制限はなし)若しくは、高齢者であること
(3) 連帯保証人の他に身元引受人を1人たてられること
(4) 入居者及び同居者が、入居時において自立した日常生活を営むことができる健康状態にある方又は自立した日常生活を営むことができる健康状態にある入居者又は同居者の支援により日常生活を営むことができる方

* 単身者の方のお申込みについて

当公社の一般賃貸住宅のうち、募集案内書の単身入居欄に「可」と記載されている住戸についてお申込みいただけます。

※1 “現に同居し、又は同居しようとする親族”に適合する条件

(1) 内縁関係にある方は、住民票に「未届(内縁)の妻(夫)」と記載されており、戸籍謄本でもほかに婚姻関係がないことが確認できる場合は申込みできます。
(2) 離婚調停中(裁判所の事件証明書等が必要)などの理由がない限り、夫婦を分割して申込むことはできません。
(3) 不自然に家族を分割する場合や、不自然な寄り合い世帯及び税法上の扶養関係がない親族等で構成された世帯は申込みできません。
  • 例: ほかに扶養義務のある親族と同居する申込み。
  • 例: 祖父母と扶養関係のない孫との申込み。
  • 例: おじ、甥、いとこ等との申込み。
  • 例: 友人・知人同士での申込み。
(4) 入居の際、申込書記載の家族全員が入居できない方は申込みできません。
(5) 申込後の同居親族の変更(出生、死亡の場合を除く)は認めません。婚約者の変更があった場合は、申込みを無効とします。
(6) 同居人が扶養義務のない親族である場合は申込みできません。

※2 単身赴任に適合する条件

ア) 転勤に伴い単身赴任をしようとする方。この方は、資格審査時に勤務先の転勤証明書(辞令又は予定証明書を含む)が必要となります。
イ) 転勤先が遠隔地のため、単身赴任に切り替えようとする方。
ウ) 現に単身赴任している方(公社賃貸住宅以外の住宅)が、今後公社賃貸住宅に転居して単身赴任しようとする方。

* イ)とウ)の方は、資格審査時に勤務先の在勤証明書(勤務地を記載したもの)が必要です。

ページトップへ

お申込み収入基準

(1) 世帯または単身者

収入月額が家賃の4倍以上あること

※ただし、年額家賃の4倍が330万円を超える場合は、
年間総収入が330万円以上あること

(2) 高齢者(単身者含む)

家賃が60,000円未満の場合
収入基準はありません

家賃が60,000円以上の場合、
収入月額が家賃の4倍以上あること

※ただし、年額家賃の4倍が330万円を超える場合は、
年間総収入が330万円以上あること

※ 申込者の収入が基準額以上であれば、同居者の収入は問いません。
※ 申込者の収入が基準額に満たない場合は、同居する方の収入を合算できます。
※ 自営業者については、市区町村長発行の所得証明書の所得額の1/12が(1)(2)の月額以上であること。

ページトップへ

お申込み方法

空家補充入居申込書に記入し、下記必要書類を添付のうえ住宅に該当する住宅管理事務所へ提出してください。
ただし、単身者申込みの場合は必要書類を添付のうえ本人自身がご持参ください。

申込みに必要な書類

[1] 賃貸住宅空家補充入居申込書
[2] 収入を証明する書類(市区町村が発行する所得証明書、前年分の源泉徴収票など)
[3] 世帯主、続柄、筆頭者氏名等が記載された現在の同居家族全員の住民票、外国人の方は「在留資格」「在留期間」「在留期間の満了の日」が確認できる住民票
(内縁関係にある方及び婚約者の方についても同様に提出してください)
[4] 次に該当する方は戸籍謄本が必要です。
  • 兄弟姉妹で申込みされる方
  • 父子世帯、母子世帯で申込みされる方
  • 内縁関係で申込みされる方
  • 別居中の親(子)世帯との同居申込みされる方
  • 単身で申込みされる方
[5] 婚約中の方は、婚約証明書(申込書裏面様式3)を提出してください。
[6] 上記以外にも審査のため書類の提出をお願いする場合がありますので、指示に従って提出してください。

登録は、申込日から1年間有効ですので引き続き入居をご希望されるときは、有効期間満了日までに更新手続きをしてください。

入居申込書ダウンロード

490KB

942KB

(PDF、Excelファイルのどちらをご使用いただいても構いません。)

様式書類ダウンロード

323KB

433KB

(PDF、Excelファイルのどちらをご使用いただいても構いません。)

ページトップへ